">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

管理職は「部下を管理する」という認識

があるかも知れませんが、これは大きな

間違いです。

 

他人の思考や行動を思い通りに管理する

ことはできません。

管理職が管理するのは、「仕事の成果」

です。

 

会社が向かっていく方向(経営方針)に

対して、正しい成果が出ているかどうか

を管理するのが仕事です。

 

仕事の成果を左右するのは、仕事のやり方、

取り組み方だけでなく、仕組み、ルール、

職場の雰囲気、リーダーである管理職の姿勢

など、様々な要素があります。

 

そうした「環境」をコントロールする立場に

いるのが管理職です。

 

そのコントロールの結果として、部下の行動が

変わることはあっても、直接的に部下を支配下

に置いて命令に従わせることはできません。

部下は奴隷ではないからです。

 

「環境」をコントロールして成果に結びつける

というのは、スタッフと同じ目線ではできない

ことです。

 

よく注意していただきたいのですが、上から

目線で考えろということではありません。

目の前の仕事だけでなく、その仕事を取り巻く

周囲の状況や、仕事全体の流れ、他の部署との

関連など、すべてが見えるくらい離れた目線で

眺めるということです。

 

その上で、どんな環境を作ったら仕事の成果に

結びつくのかを考え抜き、その考えたことを実現

させるのが管理職の最たる役割です。

 

この「離れた目線」を手に入れるだけで、管理職

としての仕事は圧倒的に加速します。

 

今日はある企業で管理職研修です。

「離れた目線」がポイントです。

それだけ伝われば成功です。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細