">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

人の短所を見ている限り、組織の発展は

ありません。組織の発展は長所を生かし

合った時にしか実現しないのです。

 

人間関係の問題のほとんどは、相手の

長所が見えなくなることで起こります。

 

長所を活かしあい、短所を補い合うのと

逆のことをやっていれば、疲弊するのは

当たり前です。感謝もなくなります。

 

そのためには、リーダーが長所を見て

組織運営できる人物であることが前提

となります。

 

数日前に、

管理職教育の落としどころは管理職自身が

自分の行動や考え方、あり方に目を向ける

ことだと書きましたが、先ずはリーダーが

スタッフ全員の業務上の長所を書き出せる

くらいの理解が必要です。

 

明るいとか優しいとか、そういう長所では

なく、業務上で発揮される長所です。

具体的な事例をもって書き出せなければ、

部下を見ていることにはなりません。

 

そのくらい部下に意識を向けて、長所を

探ってくリーダーでなければ、組織運営

が成り立たないと思います。

 

人を活かすとは、長所を活かすことです。

 

短所はリーダーが自らカバーするくらい

の気構えで人の長所を活かすことが、

「人を動かす」に通じるということです。

 

https://www.amazon.co.jp/

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細