">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

改善の第一歩は現状把握です。

 

何かを変えようと思っても、現在地が

あやふやなままだと何から取り組んで

いいのかわかりません。

 

現状は、見る人によって違って見えます。

チームで何かを解決する場合、現状認識

を共有することが第一歩になるわけです。

 

この「現状認識の共有」、簡単なようで

案外うまくいかないところがあります。

 

「現状は、誰が見たって●●だろう」

とみんながそれぞれに思い込んでいますが、

それが一致していないことは頻繁にあります。

 

現状認識がズレたままだと、改善案に対して

納得していないまま取り組むことになります。

これではどんなにいい改善案も効果半減です。

 

まずは、現状認識を一致させる。

 

このときに、現状を「言葉に表す」という

作業が必要になってきます。認識を共有する

ために、「言葉に表す」は避けて通れません。

 

ところが、現場で起きていることは複雑で

言葉で説明しにくいことが多いのです。

 

企業内ミーティングで私がサポートしている

のはこの点で、出た意見を板書しながら参加

メンバーに通じやすい言葉に変換しています。

 

説明が難しいことを易しく伝えるにはスキル

が必要です。改善案を出すのは、現状認識を

一致させることができてからです。

 

現場で起きている、言葉で説明するには複雑で

難しいことを、易しい言葉に変換するスキルを

より高めたいと思っています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細