">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

企業の業績改善で、組織改革や管理職育成を

やっていますが、私のベースは財務担当です。

設備投資をファイナンスの段階から支援し、

銀行との交渉も含めてサポートをしています。

 

それを入り口に、収益化の段階で組織運営に

関わっていく形です。

 

ファイナンスというのは資金調達のことです。

銀行は担保があればいくらでも貸してくれます。

一番難しいのは、担保も保証もなく大きな金額

を借りるときです。

 

その時は、事業計画や資金状況を表す資金繰り、

これまでの信用(経営者がちゃんと言ったこと

を実行に移して実現しているかどうか?)など

が評価のポイントになります。

 

いくら将来の計画を立てても実行されなければ

意味がありません。それは今まで経営者が計画

を実行してきたかどうかで判断されます。

 

そして収益計画の実現性です。

企業のポテンシャルや姿勢から、実現性の高い

計画であるかどうかを見られます。実現しない

事業計画にお金を貸したら返ってこないので、

そんな計画には貸せない、となります。

 

長期資金を入れる場合は、後継者の存在なども

評価の対象になります。後継者候補がいるなら、

どのくらい育成しているかも重要です。

 

ということは、資金調達を通して企業の体制を

全部見られるということです。これは体質改善

の大きなチャンスです。

 

状況にもよりますが、できるだけ担保に頼らない

資金調達ができる企業になるよう、組織運営にも

深く関わっていくことになります。

 

資金調達ができなければ再投資の計画も立ちません。

再投資が滞れば事業は停滞します。

事業計画だけで資金調達ができる企業が理想です。

そんな理想を追って企業支援をしています。

 

私自身も計画を計画通り実行できる人でありたいと

努力しています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細