">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

経営者は威張ってもいけませんが、

ナメられてもダメです。

 

社員にナメられている経営者の特徴は、

ある業務に自信がない、できないという

思いを抱いていることです。

 

特に営業ができないと思っている経営者

は、営業マンにナメられてしまう可能性

が高いと言えます。

 

企業は、お客様にモノを売ったりサービス

したりして稼いでいますので、その最前線

の営業マンが幅を利かすわけです。

これは経営者の依存心の表れです。

 

創業期の会社は個人の能力やパワーが牽引

して成長・発展するのですが、ある時点で

組織化、つまり人が変わっても仕事が回る

仕組みを作らなければ、それ以上の成長が

できなくなります。

 

ところが、そのとき最も障害となるのが、

今まで存分に能力やパワーを発揮していた

スタッフです。会社の成長に合わせて成長

してくれたらいいのですが、組織化を阻む

元凶になったりします。

 

ある仕事を特定の人に頼ったまま組織化に

失敗すると、結果的に経営者がナメられる

という事態に発展します。

 

つまりこれの解決方法は、組織化を進める

ということです。組織化とは仕事を仕組み

で進めていく形に変えるということです。

 

特定の人にしかできない仕事を極力減らし、

人事異動ができる状態にする、ということ

です。

 

営業が特定の人にしかできないというのは

思い込みでしかなかく、ちゃんと仕組み化

すれば、人が変わっても大丈夫です。

 

その仕組みは、リーダーが苦労して作るしか

ありません。経営者に求められる実務能力の

ひとつは、物事を仕組みで考える能力です。

システム思考とも言います。

 

システム思考を鍛えていきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細