">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

終戦の日ですね。

 

政治的な発言はしませんが、日本人が日本に

誇りを持つという当然の姿を取り戻すことに

強い思いを抱いています。

 

自分が存在する場所に誇りを持つというのは、

能力を発揮する上での基本条件です。

 

自分に自信がないのに、能力をフルに発揮し

人の役に立つなどということはできません。

 

同じように、自分の居場所に自信を持てない

状態で、自分の能力をフルに引き出すことは

できないのです。

 

自分の居場所と言うのは、現住所のある土地、

市町村、県、国もそうですし、会社や組織と

いった所属するコミュニティも居場所です。

 

会社に誇りを持てない人が、その会社の仕事

で圧倒的な成果を挙げることはできません。

安心して能力を発揮できる環境でなければ、

そこそこの結果しか出ないのは自明です。

 

経営者は、スタッフが誇りをも持てるような

会社であることを、スタッフに発信すること

が、とても大事な仕事です。

 

会社に誇りを持ってこそ、能力を伸ばして、

「この会社に貢献しよう」という気持ちに

なれるからです。

 

同じように、日本に住んでいるのに日本に

自信や誇りを持てなかったら、能力を発揮

するための土台に不信感があるということ

ですから、やはりいい人材にはなれません。

 

日本のことをもっと知って、誇りを持ちたい

人にはこちらの2冊がお勧めです。

 

 

自分のいる会社に誇りを持つということも、

じっくり考えてみてくださいね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細