">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

「成長の速度は、検証頻度と比例する」

 

成長力=行動量ではありません。

行動量を増やしても、検証しなかったら

成長にはつながらないということ。

 

PDCAの中でいちばん大雑把になりがち

なのが、C(検証)の段階です。

 

計画を立てることにはしっかりと時間を

取り、行動することもできる。

 

でも検証の段階を踏まずに行動し続けて

いると、慣習的に行動しているだけで、

あまり成長につながっていない、という

ことになりかねません。

 

立て込んでいると、つい検証を後回しに

してしまいます。

 

私の場合、検証は日報を見返すことです。

 

「記録する」という行動は習慣化されて

いるので、今は考えなくてもできます。

 

でもその記録を見返して考えなかったら、

記録していること自体、意味がないこと

になってしまいます。

 

記録していない状態から、記録するように

なったときは、日々の行動を客観視できる

ようになっただけでも成長でしたが、その

ステップはもう過去に乗り越えています。

 

記録を見返し、考える=自分との対話です。

 

その時間をしっかりと取ろうと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細