BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おつかれさまです。

 

11月29日木曜日、今日のテーマは、

『いらないものを持つと資金繰りが悪化する』

です。

 

資金繰りが悪化する主な理由は、

・入ってくるより出ていくほうが早くなる

・在庫が増えて回転率が悪くなる

の2つです。

 

お金が入ってくるタイミングと出ていく

タイミングを計画するのが資金繰りです。

 

売り上げた資金の回収が遅いと、支払分を

立て替える必要があるので、運転資金は

大きくなります。

 

最善はもらってから払う流れにすること

ですが、製造業などはどうしても材料費

や人件費が先に出ていき、回収はその後

になります。

 

少しでも早く回収する努力は絶対に必要

な経営姿勢です。

 

もうひとつ、在庫の抱え過ぎが資金繰りに

大きく影響します。

 

「どうせいずれ使うから買っておこう」

と倉庫や社内に在庫された品物は、お金が

「モノ」に代わって倉庫や社内に寝かされ

ているわけです。

 

それがお金に代わるまでの間、在庫投資に

使った資金は回収できません。社内や倉庫

がモノであふれることで、さらなる資金が

必要となることも考えられます。

 

資金繰りのことを考えたら、在庫は最小限で

必要な時に必要なモノを買うのが正解です。

 

社内がモノであふれている会社は、資金繰り

がよくありません。

資金繰りの改善は社内のいらないものを整理

するところからです。

 

「机の上を整理してきれいにする」

「工場内を5S活動できれいにする」

「いらないものはすぐに捨てる」

 

これらは、気持ちの問題ではなく資金繰りの

面から必要不可欠な経営姿勢なのです。

 

いらないものが場所を取っていませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

 それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集開始は平成30年12月

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

-------------------------------------------------------------------------

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細