">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

「なぜ成長しなければならないのか?」

 

とても基本的な問いです。

 

私たちには、安定性・安全性を求めて、

例え現状が不満だらけでも変化を恐れて

現状に留まろうとする性質があります。

 

一方、社会は着実に進歩をしています。

経済社会は発展が前提条件になっていて、

昨日よりも今日がよりよく便利になって

います。

 

経済社会に生きている私たちは、発展の

恩恵を享受し、同時にそこからのがれる

ことはできません。

 

その経済社会を支える企業も、成長発展

なくして存続することはできません。

 

企業の成長は、社員の成長に支えられて

いますので、個々が成長を拒むと企業と

しては大変困るわけです。

 

「自分は昨日と同じことだけやればよい、

特に給料も上がらなくてよい」

というのは、成長発展が前提の企業の中

では、足を引っ張る姿勢なのです。

 

昨日よりも今日をよりよくする努力は、

企業で働く以上は前提であり、個々の

好みとは関係なく、持つべき基本姿勢

なのです。

 

そうした意味からは、成長することは

給料に含まれていると考えられます。

時間給の発想からはこうした姿勢には

なりくいかも知れませんが、企業で

働く以上は個々の成長が前提なのです。

 

今日は「成長」する理由を、経済社会

という観点から考えてみました。

 

ともあれ、成長することでより多くの

人の役に立てる、より多くの人を幸せ

にできるとわかったら、理由などなく

ても成長に向かうのが理想ですね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細