">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

中小企業のコスト削減の手順は、

 

1、間接経費の削減

(削減しても売上に影響しない)

2、利益率で仕事を絞り込み

(顧客や商品の絞り込み)

3、業務プロセスの改善

(業務・組織のリストラクチャリング)

 

の概ね3段階です。

 

コンサルが深く関わるのは3です。

1は間接経費を明確にすればできます。

2もコスト構造が明確になればできます。

 

コスト構造が明確になっていない場合、

それが明確になる社内の仕組みを作る

ので、3に近い手法になります。

 

3には決まった手順がなく、その企業

の状況によって何から着手するのかを

その都度判断します。

 

業務プロセスの改善とは、仕事の流れ

の中のムダ・ムリ・ムラを見つけて、

排除していくことです。ムダには必ず

コストがかかっています。

 

見えないコストの最たるものは人件費

です。効率化して早く仕事が終わった

としてもスタッフ数が変わらなければ

コストは変わらないという見方があり

ますが、そこが落とし穴です。

 

業務上の障害が取り除かれて、人件費

が変わらず生産性が上がったら相対的

にコストは下がります。

 

生産性を左右するのは作業スピード

です。黒字企業は作業スピードが速い

です。赤字体質の企業と圧倒的に違う

のは時間に対する感覚です。

 

業務プロセス改善のゴールは、時間

に対する感覚を変えることです。

 

そのために必要なのは、

「現状維持力と戦う覚悟」です。

 

コスト削減の最終章は、現状維持力

との戦いだということです。

 

それでは今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細