BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

12月7日金曜日、今日のテーマは、

『トップダウンからボトムアップへの転換』です。

 

組織の成長過程で最初に乗り越える壁は、

トップダウン型からボトムアップ型組織への転換です。

 

創業社長はたいてい儲けるのが上手で、会社を大きく

成長させていきますが、人は年を取ります。

いずれどこかの時点でバトンタッチしないと成長性が

低下してきます。

 

儲けるのが上手な社長はトップダウン型で問題ないの

ですが、バトンタッチする場合は創業者と同等かそれ

以上のカリスマ性のある経営者を据えるか、意思決定

をトップダウン型からボトムアップ型に転換するかの

二者択一です。

 

中小企業の場合、たいていはボトムアップ型の組織に

転換する選択になりますが、これが最初の壁です。

 

トップダウンで正解だったことがボトムアップでは

不正解になるケースが多発し、トップの意識が転換

できずに終わっていくケースが非常に多いです。

 

ボトムアップ型組織に転換するのに最重要事項は、

社内リーダーをいかに立てるかです。

 

社内リーダーを立て、権限を委譲してボトムアップ

をうまく誘導できれば、次の成長段階に入っていく

ことができますが、失敗すれば衰退期に突入です。

 

最も変化への恐れを捨てなければならないのは、

経営者にほかなりません。

 

これまで積み上げてきた儲けがなくなるような感覚

になると思います。

 

それでも、歯を食いしばってボトムアップ型組織を

作ることができればステージは一気に上がります。

 

そろそろ本気で社内リーダーを育てませんか?

『リーダー革新塾第2期生募集』

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

 それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集中!

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

『リーダー革新塾第2期生募集』

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

-------------------------------------------------------------------------

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細