">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

8月27日月曜日、今日のテーマは、

「不確実性時代の後継者の使命」

です。

 

多くの既存業種の後継者が、

「このまま同じ事業を続けていても

今と同じ業績を上げ続けることは難しい」

と感じていると思います。

 

経済成長時代は、

頑張れば業績を伸ばすことができました。

今は頑張るだけでは業績は伸びません。

 

新たな顧客の開拓や新たな商品の開発、

新たな事業にチャレンジするなど、常に

目先を変えた展開を強いられています。

 

とはいえ、新しく進出した先では既存の

事業者による激しい競争が繰り広げられ

ていますので、容易にシェアを広げる

こともできません。

 

圧倒的な「勝ちパターン」がなければ、

既存事業者に対して勝ち目はありません。

 

ではどうすれば?

 

若い後継者のいる企業のコンサルをして

いますが、それは後継者の最大の悩み

かもしれません。

 

正解はありませんが、

 

ひとつの方向性として、後継者が本当に

やりたいことを見つけ、既存事業との接点

を見出すことができれば、それを起点に

イノベーションを起こすことができます

 

イノベーションとは新結合です。

 

独自性の高い新結合は、外部よりも

経営者の内側にこそ見出すことが

できます。

 

そこに目を向け、経営者が自分自身と

真剣に向き合ったとき、その可能性は

拓けます。

 

後継者が向き合わなければならないのは、

「自分は、本当は何をやりたいのか?」

という単純な問いです。

 

これは、起業家なら誰もが向き合う

基本的な問いです。

 

そこに立ち返り、後継者が起業家と同じ

スタートラインから始めた時に、

はじめてその存在意義が出てきます。

 

いろいろなしがらみがありますが、

本当にやりたいことは何ですか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

進行中↓↓↓

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集開始は平成30年12月
自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

--------------------------------------------------------------------------

新着記事経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細