">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

一見ネガティブな出来事から、何を

読み取るかで物事の成否が変わって

きます。

 

会社で言えば、業績が下がった時や、

取引が減った時などがその好例です。

 

何を読み取るかを見誤ってしまうと、

見当違いの努力でやる気をなくす方向

へと舵を切ってしまいます。

 

「このことから何に気づくべきか?」

「何を読み取るべきなのか?」

をしっかり振り返る必要があります。

 

何に気づいたか?

何が読み取れるか?

 

ではなく、

 

何に気づくべきか?

何を読み取るべきか?

 

です。視点の高さが一段上です。

 

ネガティブな出来事があった時こそ、

冷静に何を読み取るべきかじっくりと

考える習慣をつけたいですね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細