">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

スピードが落ちたなと思ったら、

『全体像を確認する』時間を取るように

しています。

 

課題対応のPDCAを進めていくと、課題

は解決されていきますが、全体像を見失い

がちです。目先の課題に視点が固定されて

しまうからです。

 

その課題を解決していった結果、どこに

向かっているのかを定期的に確認しないと、

ひとつ解決したことに安心してスピードを

緩めてしまうかも知れません。

 

組織で課題解決に取り組む場合、全体像の

確認はとても重要です。繰り返し全体像を

関係者全員で確認しないと、意思統一が

はかれません。

 

毎回会議で必ず全体像と向かっていく方向

を確認する、同じことを何回でも伝える。

 

定期的に全体像を確認することで、一定の

スピードを緩めないのがPDCAを長続き

させるコツです。

 

一時的にすごいスピードで、やらない時は

何もやらない、よりも、長く一定の速度で

進んでいく方が遠くへ行けます。

 

その取り組みの全体像は何でしたっけ?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細