">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

業績改善のための追加の事業投資は、

タイミングがとても重要です。

 

業績下降局面では絶対に追加投資を

しないのが鉄則です。投資以外で

業績を変化させることが先です。

 

少しでも上向きな状況を創ってから

の追加投資は効果がありますが、

業績下降傾向をリニューアル等で

補おうとするのは順番が逆です。

 

事業投資には、変化を加速する効果

があります。

 

業績下降傾向のまま投資して、業績

下降が加速してしまった事例は身近

にあります。

 

事業投資をする前に、まずは可能な

改善策をすべて実行し、下向きの

ベクトルを上向きに変える。

その流れを加速するための投資の方

が効果が出やすいということです。

 

中小企業の場合、そこで働くスタッフ

の士気が業績に影響を及ぼすことが

少なくありません。

 

士気が上がらないのに、追加事業投資

したところで、スタッフの意識が変化

せずに留まっていたら、業績は変わら

ず、投資も回収できない分、以前より

も悪化するということがあります。

 

業績向上のきっかけを作り、スタッフ

の意識を上向きに変えてから、投資で

業績変化を加速する。

 

戦力の逐次投入で大敗を喫した戦いの

事例に学ぶことができますが、

戦局を変えられるのは圧倒的な質量の

戦力投入(投資)ができる時のみです。

 

まずは足元の業績向上を、働く人の

気持ちが変化するまで続けることから。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事経営者

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細