">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

何かの刺激に対して、

・うれしい

・たのしい

・かなしい

・むかつく

・めんどくさい

などの感情が生じます。

 

その感情によって対応が生じます。

その対応が結果に結びつきます。

 

思い通りでない結果に直面している

としたら、それは自分の対応に責任

があるわけですが、その対応は自分

の感情が引き起こしている、という

ことです。

 

つまり、感情が原因となって結果を

引き起こしているということです。

 

何でも「楽しい」と思う習慣がある人

は、人から好かれたり信頼される結果

を受け取っています。

 

何でも「むかつく」や「めんどくさい」

と捉える習慣がある人にはあまり近づき

たくありません。そんな結果になって

いると思います。

 

思い通りの結果を受け取ろうと思ったら、

沸き起こった感情のままに反応するので

はなく、感情を選択することが必要です。

 

生じた感情のままに反応しそうになったら、

その反応の結果は自分が望むものなのかを

一瞬考えるということです。

 

望む結果にならない対応は、しないほうが

いいに決まっています。

感情を選択することが、結果をコントロール

するということです。

 

とはいえ、感情の習慣を変えるには繰り返し

練習をする必要があり、時間がかかります。

 

一足飛びに理想の状態にならなくても、自分

の感情によって結果が生じているということ

を認めるだけでも大きな変化です。

 

自分がどんな感情を持っているのか?

いろいろな場面で冷静に見つめていきたい

と思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細