">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

7月21日土曜日、今日のテーマは、

「気配りは『型』を教える」です。

 

上司に対する気配りが足りないと、

上司から大事に扱われません。

 

部下に対する気配りができないと、

部下から信頼されません。

 

お客様には気配りできるのに、

上司や部下に気配りができない。

これでは社内の人間関係はうまくいきません。

 

そもそも周囲の人に気配りできなければ、

お客様に気配りすることもできないのです。

 

気配りの基本は「受け答え」です。

受け答えの言葉と姿勢を変えるだけでも

かなり効果的です。

 

例えば、「相手の目を見て話を聞く」

 

基本ですが職場でできている人は少数派です。

 

これを実践するだけで、喋っているほうは

ちゃんと聞いてもらっていると感じます。

 

さらに返事をして復唱するなど、

喋っている相手の立場に立ってやってほしい

ことを実行するだけで、人間関係は劇的に

変わります。

 

若手社員に最初に教えるべきことですが、

中小企業では教えられていないケースが

とても多いです。

 

近い人への気配りをしっかり教えておかないと、

お客様に気配りのできる人材は育ちません。

 

ただ「気配りが大事」と言うよりも、

「相手の目を見て返事をして」と具体的に

教えて『型』を身に着けさせたほうが早いです。

 

気配りの具体的方法を教えていますか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

進行中↓↓↓

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集開始は平成30年12月
自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

--------------------------------------------------------------------------

 

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細