">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

4月7日土曜日、今日のテーマは、

「短期決戦に挑むには?」です。

 

仕事の基本は、

コツコツと積み上げて成果に結びつけることです。

日々の努力が実を結ぶ成果が最も確実であり、

目指すところです。

 

でも時には、

一気呵成の短期決戦に挑まなければ

成し遂げられないこともあります。

 

新規事業を一気に立ち上げる場合などです。

 

短期決戦においてチェックすべき観点は、

 

1、計画が一方的で情緒的でないか?

 お客様やスタッフの動きを都合よく予測

 していないか?思い込みの計画になって

 いないか?論理的に成り立つ計画か?

 

2、目的と目標は明確か?

 「何のためにやるか」「どこまでやるか」

 が明確でメンバーと共有されているか?

 いつ終わるかが定義されているか?

 

3、短期決戦後の長期プランはあるか?

 「その後」のことまで考えているか?

 計画通りいかなかったときのダメージ

 コントロールはできているか?

 

4、必要な情報、ノウハウ、資金はあるか?

 持っている情報が一面的でないか?

 計画遂行に必要なノウハウは揃っているか?

 資金やパワーが途中で底をつくことはないか?

 

最も怖いのは「思い込み」です。

計画する時には、思い込みを排して、

いかに現実的な計画を立てるかが勝負です。

 

また、

コツコツと積み上げていくとき以上に

「ダメージコントロール」や「資金計画」

を詰めておく必要があります。

 

今日は自戒の念も込めて

「短期決戦のチェックポイント」

をまとめてみました。

 

短期決戦の必要があるときには、

ぜひ確認してくださいね(*^^)b

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事経営者

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細