">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

目標に向かう組織を作るための最初の

ステップは共通目標を立てることです。

 

共通目標はトップダウン型で浸透させる

ほうが効率的ですが、ボトムアップ型で

現場の課題解決を志向する目標を立てる

ケースもあります。

 

局面によって使い分ける必要があり、

窮地から脱却するとか高い目標に向けて

スタートアップする時はトップダウン型、

効率を上げて利益を最大化する局面では

ボトムアップ型が適しています。

 

ボトムアップで目標を立てる場合、現場

の課題を起点に「あるべき姿」を共有し、

計数的目標や行動目標を作り込みます。

 

このとき、会議の場面などで現場の課題

がうまく出てこないことがあります。

普段から課題を解決する思考がない組織

では、課題を出すことがひと仕事です。

 

そんな時は、課題を考える「視点」を

提供します。例ではなく視点です。

次のようなものです。

 

 

視点を提供すると会議で意見が出やすく

なります。思考のきっかけになります。

 

どこの会社でも待遇や環境に不満を持つ

スタッフはいますので、あえて自己責任

でないような顔をした視点を置いてあり

ます。不満をあげてもらうことも、目標

設定の第一歩です。

 

不満から目標設定に結びつけるプロセス

では効果的な質問を使います。

いずれその質問集も公開します。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細