">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

6月11日月曜日、今日のテーマは、

「部分最適よりも全体最適を優先する」

です。

 

現場レベルの小さな改善は、

・現在の仕事の効率を上げる

・ムダな動作を省く

・処理スピードを速める

 

ということですが、

そもそも必要かどうかを判断

すべき仕事もあります。

 

一段高い位置から、

・本当にこの作業は必要か?

・各部門で重複した仕事をしていないか?

・時間に対する成果は適切か?

 

を検証してみると、組織内には

意外と非効率な仕事が多いです。

 

管理職の役割は、目の前の仕事を

効率化することではなく、

全体を見渡して最も効果的に仕事を

組み立てることです。

 

これは、自分が置かれたポジション

よりも常に1つ上のポジションからの

視点がないと判別できません。

 

その上で、他部門と交渉しながら

全体として最適な仕事を組み立て、

その中で現場のリーダーが作業効率

を上げていく。これが理想です。

 

改善活動は、

部分最適よりも全体最適を考える。

 

今より一段高い位置から仕事を眺めたら、

どんなことに気づかなければならないですか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 


「リーダー革新塾」

第1期生募集(平成30年6月~11月)
自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。


 

 

 

 

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細