">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

若手社員の育成に関わることが増えて

きました。

 

中小企業の若手社員に接するときに、

よく感じることを挙げてみました。

 

・貢献意欲の高い人が多い

・「自分はできない」と感じている人

が多い

・自意識が低いか過剰かの両極端

・きちんと教わればできる

・お金に対する執着は低い

 

経験が限られているので偏りはあると

思いますが、このように感じます。

 

「人の役に立ちたい」という思いは、

若手社員のほとんどが持っています。

ただその表現方法を知りません。

 

その原因として、「自分にはできない」

という思いが強く、人の役に立てない

と感じていることが多いようです。

 

人の目をまったく気にしないか、気に

しすぎる傾向があります。

 

きちんと教わると能力を発揮しますが、

わからないことに自ら挑戦したり失敗

することを恐れています。

 

お金がモチベーションになることは、

とても少ないです。

 

若手社員研修の方向性としては、既に

持っている貢献意欲を発揮するために、

「自分にはできない」という思いから

解放することに重点を置く場合が多い

です。

 

特にコミュニケーションの自信のなさ

が目立つので、その点を十分に対処し

ます。具体的には聞き方や受け止め方

のトレーニングです。

 

今日から2日間、14時間の若手社員

セミナーで30名の若手社員の講師を

担当します。

 

コミュニケーションの自信のなさから

解放し、「人の役に立ちたい」という

思いを発揮できる状態に持っていくこと

が目標です。

 

目標達成に向けて全神経を集中させて

きます。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細