">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

9月14日土曜日、今日のテーマは、

「より広い目線で捉えて行動すべき」です。

 

自分が主眼の目線から相手の目線に立つ。

 

自分と相手を他人から見た第三者の目線

を持つ。周りからどう見えているのか?

 

自分と周りを含めた全体像を上から見る

目線を持つ。会社であれば経営者の目線。

 

もう少し大きな単位、業界全体とか地域、

社会の中での自分という目線を持つ。

同時に時間軸も5年先、10年先という

単位で物事を見る。

 

日本の中で、地球の中で、宇宙の中で

どういう意味を持つのかを考えてみる。

神様の視点、全知全能とか集合意識

というレベルから見た自分。

 

思考を近くから遠くまで移動できるように

なると、今までの正解が正解じゃなくなる

ことがあります。

 

自分主眼で正解のことが、広い目線では

正解とは限らないということです。

 

より広い視野で捉えた行動をすべきです。

 

その判断、本当に正解ですか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細