">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

8月12日月曜日、今日のテーマは、

「マニュアルは作ると同時に古くなる」です。

 

今日はお客様の会社のマニュアル作りの支援です。

マニュアルや手順書は、完成した瞬間から古く

なります。

 

苦労して作ってもすぐに古くなるなら、

いくら作っても無駄になるのでは?

 

と思ってしまいますが、

「手順書は更新し続ける」が正解です。

 

その時点でのベストプラクティスをマニュアル化

するわけですから、その時点では確かにベストな

方法や手順なのです。

 

しかしそれは一瞬のことで、常に新しい方法、より

効率的な方法を生み出し、更新し続けることが

本来の「仕事」であるべきです。

 

マニュアルを作ってマニュアルに縛られない。

 

特にリーダークラスの人は、マニュアルを作り、

定着させること以上に、古くなっていないかを

敏感に察知する視点が必要です。

 

つまり、マニュアルや手順書は作ると同時に古く

なるのが正解で、数年間も同じマニュアルで作業

をしているとしたら、数年間何も工夫がなかったと

言えます。成長していないということです。

 

まずは現時点でのベストプラクティスを

マニュアル化することからはじめませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細