">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

10月21日月曜日、今日のテーマは、

『上流が何かを考える』です。

 

正しい判断ができるようになるには、

「上流は何か?」を常に考えます。

 

例えば、経営計画の上流は経営戦略です。

経営戦略の上流は経営理念です。

 

会社の場合たいていは経営理念が最上位

になりますので、経営理念が何かを常に

考えれば正しい判断ができます。

 

「言ってもどうせわかってくれない」

「何を提案しても上から却下される」

というのは上流が何かを理解できてない

からです。

 

どこの組織でも上流にある思考を把握し、

その基準で判断するクセづけをすれば

正しい判断をするのは簡単なことです。

 

ただし、上流の思考が明文化されている

とは限りません。会社の場合は経営理念

として明文化されているかもしれません

が、明文化されていなくても上流は何か

を読み取らなければなりません。

 

この組織の上流の思考は何か?

この活動の上流の思想は何か?

私の人生の上流の思想は何か?

 

上流が何かを意識していますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細