">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

2019年12月9日(月)

【今日のテーマ】

仕事も遊びも自分から楽しみに行く

 

【解説】

ステージに立つミュージシャンが観客を動かす

ライブパフォーマンス、カッコいいですよね。

 

あれ、観客が義務感で動いていたらどうでしょう?

きっとライブは苦痛でしかなく、「早く終われ」と

思ってしまうはずです。

 

それから、みんながノリノリなのに醒めている人。

乗った方が絶対に楽しいってわかっているのに、

自分を変えてまでは楽しめないから距離を置く。

 

仕事だって義務感でやってたら苦痛で成長なんて

ないし、本気でやった方が楽しいってわかって

いるのに自分を変えてまで本気になりたくない。

 

これってもったいないことに気づくべきです。

 

仕事とライブは違いますが、仕事だって自らの

意思で行っているはずです。

誰も強制していません。

 

自分の意志で行っているという点では、大好きな

アーティストのライブに行くのと同じです。

 

だったら自分から楽しみに行く姿勢がいいですね。

本気で仕事に立ち向かい、楽しめないなら楽しめる

自分に変えていく。仕事との距離を置かない。

 

義務感でやるとか、距離を置いたスタンス、

もうそろそろやめませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

新着記事管理職経営者

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細