">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

7月24日水曜日、今日のテーマは、

「他部署にどこまで介入できるか?」

です。

 

今は全国的に人材の採用が困難な時期です。

人事部や採用担当者を悩ませるような状況が

続いています。

 

ここで「採用」に目を向けるとお金をかけて募集

を強化するということになりますが、「定着率」に

目を向けると社内の様々な課題が見えてきます。

 

「定着率」が悪いとしたら社内に必ず問題点が

あります。代表的な問題点としては、

 

・社内のコミュニケーション不全

・仕事の教え方、教わり方に問題がある

・社内の対立や曖昧さを許す社風

・物事を改善する力がない

 

など、挙げればきりがありませんが、総じて人の

意識の問題です。

 

現場に問題意識や解決能力がなければ、人事

担当者がどこまで現場の仕事に首を突っ込んで

改善して行けるかが大きなポイントになります。

 

人事担当者はあまり現場に口を出したくないし、

現場は人事に口を出されたくないのが普通です。

 

それをわかった上でどこまで介入できるか?

 

「現場の長に何度も言ってきた」

では何も解決してこなかったのでは?

 

人事対現場で話をしていますが、同じ問題が

あらゆる部署間、業務間で起きています。

 

他部署や他業務で起きている問題を、どこまで

自分事として捉えられていますか?

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細