">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おつかれさまです。

 

3 月13日水曜日、今日のテーマは、

『何をするかではなく、どんな気持ちでするか』

です。

 

最終的にはいい仕事をする人の中に、文句ばかり

言いながら仕事を請ける人がいます。

 

最終的にはやるし、完璧に仕上げるので結果は

それでいいのですが、とりあえず文句を言う。

 

結論から言うと、請ける時に文句を言うのは

絶対にしない方がいい行為です。相手からは

全く尊敬も感謝もされず、下に見られます。

 

快く請けたら、次から次へと仕事を頼まれて、

忙しくてこなし切れないのではないかという

不安が原因なのかも知れません。

 

当たり前のようにやってあげたら、感謝して

もらえないのではないかと不安に思っている

のかもしれません。

 

しかし文句や不満を言った時点で、その仕事

に対する気持ちが前向きにはなりません。

「仕方なくやっている」になります。

 

この気持ちで仕事をする人は、何をやっても

経験にならず、仕事に誇りを持てる状態には

なりません。

 

どうせやるなら、快く請けて、誇りをもって

やり切るほうがはるかに喜ばれるし、何より

自分のステイタスが上がります。

 

仕事はすべて「頼まれごと」で成り立って

います。「頼まれ方」ひとつで、同じ仕事を

終えても周囲の印象が全く違ってきます。

 

どうせやるなら快く請ける。

 

そして周囲に「頼まれ方」が下手な人がいたら、

その呪縛を説いてあげてください。

 

何をやるかではなく、どんな気持ちでやるか

のほうが、はるかに大事だと思いませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集中!

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

-------------------------------------------------------------------------

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細