">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

3月18日月曜日、今日のテーマは、

「問題は自分事として捉え、解決策は他人事として

考える」です。

 

会社内で問題が起こったときに、他人事として無関心

でいるのではなく、自分事として問題解決に関わって

いくことはとても大事です。

 

「他部署で起こった問題だから関係ない」という態度

ではなく、同じ会社の問題として責任を感じる感性が

必要です。

 

ところが、解決策を考える場合は当事者意識が強く

感情移入してしまうと、冷静な判断ができなくなって

しまいます。

 

問題と自分の間に一定の距離を置いて、感情的な

判断や自分の利害中心の考えを捨て、できるだけ

広い視点から考える。

 

問題の中に自分が入り込んでしまわないようにします。

つまり、他人事として考えた方がいいということです。

 

問題は自分事として捉え、解決策は他人事として

冷静に考える。解決策を考える時に、自分視点で

考えそうになったら思い出してください。

 

問題と自分の間に一定の距離を置いてみませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集中!

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

-------------------------------------------------------------------------

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細