">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

2019年11月26日(火)

【今日のテーマ】

客観的に見るために数字を使う

 

【解説】

今日はリーダー革新塾の特別補講

「財務会計講座」です。

 

数字で物事を考えるメリットは、

・明確でスッキリしている

・指標になる

・比較できる

 

で、特に比較できることは重要です。

・Before/Afterが比較できる

・計画と実際が比較できる

・優良企業と比較できる

 

つまり客観的に見られるということ。

 

課題解決にあたって当事者意識はとても

大事ですが、客観的に見ないと現状認識

ができません。

 

経営数値は客観視するための道具です。

 

他人事のように数字で判断し、

自分事として主体的に動く。

 

現状を客観視できていますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

 

 

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細