BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

2月2日木曜日、今日のテーマは、

「改善活動の目的とは?」です。

 

職場を改善する最大の目的は、生産性の向上

でも収益性の向上でもありません。

 

働く人が働きやすい職場をつくることです。

 

たとえば、情報が必要な人のことろに行かない

とか、モノと情報の流れが一致していない職場

で働くのは本当にストレスです。

 

1日に何度も離れた場所にある棚にモノを取りに

行くとか、注文して届いたはずのモノがどこにある

のかわからないのもストレスです。

 

こうしたことを改善することで、働きやすい職場を

つくった結果、生産性が上がったり収益性が向上

するのが改善の効果です。

 

目的を生産性や収益性、効率性に置いた改善

は、営業がお客様のことを考えず自分の売上の

ためだけに仕事をするようなものです。

 

やっていることは同じでも、この目的の違いは

極めて重要です。

 

改善活動は目的の共有からはじめませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集中!

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

-------------------------------------------------------------------------

 

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細