BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

2月5日火曜日、今日のテーマは、

「教える人によってやり方が違う!」です。

 

若手社員の悩みの一つに、

「教える人によってやり方や手順が違う!」

というのがあります。

 

会社の「標準」となる手順が決まっていないのです。

 

私も20歳代で営業の仕事に就いたとき、先輩に

よってあまりのやり方の違いに面食らった覚えが

あります。

 

この場合、対応策はとっても簡単。

全部のやり方を試してみて、成果が上がりやすい

やり方を明文化して蓄積していくことです。

 

この蓄積は標準をつくるときに必ず役に立ちます。

 

この時に注意が必要なのは、あくまでも

「成果が上がるやり方」であって、

 

「自分に向いているやり方」とか

「自分が好きなやり方」とか

「自分にとって受け入れやすいやり方」

ではないということです。

 

成果とは、営業やサービス業であればお客様の

反応になりますし、製造業であればリードタイム

や品質になります。

 

このとき、選り好みせず全部のやり方を試して

みるというのが大事ですね。

受入れにくく違和感のあるやり方のほうが成果

が上がるかも知れません。

 

教える側はもちろんですが、教わる側も標準を

つくり上げる発想で仕事に取り組みませんか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集中!

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

-------------------------------------------------------------------------

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細