">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

2019年12月5日(木)

【今日のテーマ】

新入社員には愛情深く厳しく接する

 

【解説】

優しいことを言い続けて甘やかし、最終的に

厳しいことを言わざるを得ない環境に陥るより、

最初から厳しく言うのが愛情です。

 

「厳しいことを言うとすぐに辞めてしまう」

 

新人教育に携わる人はそれを恐れていますが、

愛情があって言うことと自己都合で言うことの

区別くらい新入社員にだってつきます。

 

愛情深く厳しく育ててくれる人が少数派だから

こそ、パワハラなんて恐れず厳しく育てるべき

じゃありませんか?

 

企業の成長力は若手社員が入社してから戦力に

なるまでのスピードによって担保されています。

そのスピードが遅ければ企業の成長もスピード

アップしません。

 

当たり前に厳しい環境で、当たり前に厳しく

育てる。残業や労働時間にうるさい世の中に

なりましたが、可能な限り口うるさく厳しく

育てていきましょう。

 

新入社員に愛情深く厳しく接していますか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

「今日のテーマ」を365日配信しています。

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

それでは、今日もよい1日を!

 

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細