">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

7月5日金曜日、今日のテーマは、

「本来やるべき仕事は何か?」です。

 

現場の実務が忙しくて、本来やるべき仕事に

着手できない、充分時間を確保できない…。

 

中小企業の管理職はプレイングマネジャー

がほとんどです。自分の顧客や担当業務も

ある程度は持ちながらチームの成果を上げ、

部下の育成もする。

 

優先すべきはチームや部下のことですが、

実務を認められてリーダーになった人は、

今までやってきた実務を手放せないという

心理的抵抗が出てきます。

 

このとき、「実務を少しずつ引き継いでから

マネジメントの仕事をしよう」という順序では

いつまでも実務に逃げることになります。

 

本来やるべき仕事を先に100%やり切る。

 

忙しすぎて実務を引き継がざるを得ない

状況にならなければ、実務を手放すこと

なんてできません。

 

リーダーとして本来やるべき仕事は何ですか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!

今日、新たにどんな行動を取りますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細