">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

1月7日月曜日、今日のテーマは、

『相手の言葉を知り、相手の言葉で伝える』

です。

 

何かを伝えようとする時、「相手の言葉」を

知っているかどうかが決め手になります。

 

たとえば、社員研修で伺った会社では普段

どんな言葉がよく使われているのかは必ず

リサーチします。

 

もちろんその言葉がどんな意味で、どんな

ニュアンスで使われているかも聞きます。

 

「利益」「管理」「稼ぐ」「成長」「調整」

という言葉はビジネスではよく使われる

言葉ですが、意味づけは会社によって

全く異なります。

 

それらの言葉をポジティブな意味で使って

いる会社もあれば、ネガティブな意味付け

をしている会社もあります。

 

ネガティブな意味付けが多勢を占める会社で

その言葉を不用意に使えば、いくらプラスの

意味で使っていても、ネガティブな印象を

与えてしまうことになります。

 

信頼関係を築くには相手の言葉を知ること

からです。

 

そして、コンサルとして組織に入ったらまず

やることは、言葉の意味づけを統一すること

です。

 

言葉の意味を支配することが、業績向上にも

つながっていきます。組織が一丸となるには

前提を揃えることが極めて重要だからです。

 

相手の言葉を知りつくしていますか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

 それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集中!

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

-------------------------------------------------------------------------

新着記事管理職経営者

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細