">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

9月18日水曜日、今日のテーマは、

「素直に謝れる環境を創る」です。

 

素直に謝ればいいことを、

ああでもないこうでもないと言い訳して

絶対に謝ろうとしない人がいます。

 

代表的な行動は、

・他人のせいにする

・「仕方なかった」で正当化する

・「何が悪い!」と開き直る

 

いずれにしても、「ごめんなさい」の一言が

言えない。言わない。

 

これは、謝っても許してもらえないという

心理的な恐怖感から来る行動です。

仕事上のことで言うと、責任を取らされる

という恐怖心です。

 

こういう人が1人いると、組織がまとまり

にくく、感情のもつれが連鎖していきます。

 

会議など大人数の前では謝りにくいもの。

 

対策として、素直に謝れば全員がそれを

受け入れるという前提を作っておくことは

有効です。そして、責任を取るということに

マイナスイメージを創らない。

 

謝れない相手は恐怖心を持っているという

知識を全員が持っておくことも有効です。

 

謝らない相手に「怒り」を感じるのではなく、

謝れる環境を創ってあげるのがリーダーの

役目です。

 

複数の企業で定例会議の進行役を務めて

いますが、感情のもつれた会議の進行は

最も実力が試される場面です。

 

素直に謝れる環境を創れていますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

 

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細