">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

315日金曜日、今日のテーマは、

『視野のレンジを変える』です。

 

会社組織の中では、役職によって見えている範囲が

違ってきます。情報のインプットが違うからです。

 

現場に近いスタッフには日々の業務の中での問題点

が見えていますが、経営者には経済社会全体の中

での自社の問題点が見えているはずです。

 

課長クラスは会社組織の問題に取り組み、

部長クラスは業界全体の問題に取り組んでいます。

 

それぞれの視点で改善をはかっていくことが役職の

役割ですが、現場レベルのミクロの視点から経営者

レベルのマクロの視点まで変幻自在に視点を上下

できたらベストです。

 

理想は、マクロ視点で捉えてミクロ視点で問題解決

すること。

 

ということは、上位の役職者は常にマクロの視点を

部下に伝えて視点を引き上げることが役割の一つ

になります。

 

これを怠っていると、マクロ視点とミクロ視点の接点

が弱くなります。あまり効果のないミクロの現場改善

に膨大な時間を費やすことになります。

 

マクロからミクロまで一貫してピントを合わせていって

はじめて組織として効果的な動きができるわけです。

 

ミクロからマクロまで視野のレンジを変えられますか?

 

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

「リーダー革新塾」

2期生(平成316月~11月)募集中!

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

 

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細