">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

8月10日土曜日、今日のテーマは、

「道路地図の読み方と仕事の教え方」です。

 

道路地図の読み方は、最初に目的地までの

全体ルートを頭に入れてから細かい部分

(どこの角で曲がるか)を確認していきます。

 

あたり前ですね。

 

カーナビが普及して、地図を読める人が少なく

なりました。

 

カーナビの場合は、出てきた順番に運転して

いくだけですので、常に次の曲がり角のことだけ

考えていればいいことになります。

 

この思考で仕事をしている人は、

「次は何をすればいいですか?」で止まります。

 

最初に全体像を把握してから細部を確認する。

仕事も運転も同じです。

 

仕事を教える時は、最初に全体像をインプット

させてから、今どこの部分を教えているのかを

明確にしながら伝えていくのがコツです。

 

そうしないと、「それはさっき説明しただろ!」

となります。全体ルートが伝わっていないから

部分的な知識が迷子になっている状態です。

 

「先に目的地までの全体ルートを伝える」

教える人はそれを自分に課してください。

 

たまにはナビを消して、地図だけで行ったことの

ない場所に行ってみませんか?

 

 

***

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

自分を変えるきっかけは、いつでもすぐ身近

にあります!今日をどんな1日にしますか?

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細