">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おつかれさまです。

 

4月10 日水曜日、今日のテーマは、

『部下の仕事力を高める』です。

 

部下にいち早く仕事ができる人になってもらう

ことは、上司にとって共通の課題です。

 

仕事ができるかできないかは実務能力だけでなく

「次にどうなるか」をどこまでの範囲と時間軸で

考えられるかが極めて大きく関係します。

 

仕事ができない人の特徴は予測力がないことです。

「次にどうなるか」「その先にどうなるか」が

予測できない。または予測の範囲が狭すぎる。

 

予測力を鍛える方法は、上司や先輩が質問して

本人に考えさせることが一番です。先に答えを

言ってしまうのではなく、本人に考えさせる。

 

「こうやったらどうなると思う?」

「そうしたらどんな影響が出ると思う?」

「長期的に見たらどんな結果になると思う?」

 

この質問で、思考の範囲を広げ時間軸を伸ばす

ことが最も簡単に予測力を鍛える方法です。

 

受付なのに愛想がないとか、電話応対が乱暴、

仕事の確認が不十分なのは予測力の欠如です。

お客様に対する配慮が足りないのも、雑用を

嫌がるのも、すべて予測力の欠如です。

 

上司・先輩社員はしっかりと部下の予測力を

鍛えてあげてくださいね。

 

仕事力を高める効果的な質問をしていますか?

 

このブログでは、日々の仕事のヒントになる

『今日のテーマ』を365日発信しています。

 

ひとりひとりが、自分の枠を超えて活躍できる

「人財」になれるよう想いを込めて。

 

それでは、今日もよい1日を(^^)/

 

--------------------------------------------------------------------------

「リーダー革新塾」

第2期生(平成31年6月~11月)募集中!

自らの役割に気づき、組織を変えるリーダーになる

https://www.reframe-vision.com/leader/

2回の合宿研修を含む半年間の講座で、

「与えられた役職や地位ではなく、リーダーとしての自らの役割」を見出します。

-------------------------------------------------------------------------

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細