">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

成長するための仕事のルールその63

 

「有事こそ行動するか、思考停止になるか」

 

景気変動はコントロールできませんが、

自社の対応は完全なるコントロール下に

あります。

 

景気が悪くなったときに、ただ回復を待つ

だけだったり、何をしたらいいのかわらず

思考停止になっているのは最悪です。

 

成長企業の経営者は、景気低迷をチャンスと

捉えています。仕事が減って時間ができたら、

 

・普段は忙しくてできなかったことができる

・景気低迷時こそ流行るビジネスに着手する

・先送りしていたことをやらざるを得なくなる

 

など、メリットの方に着目します。

そしてすぐに行動します。

 

景気が悪くなった時は、行動しない言い訳が

たくさんあります。

何もしない、何もできない理由を見つけよう

と思えば、いくらでも見つかります。

 

だからこそ、少しでも早く行動する。

それも徹底的に、行動して行動して行動して

結果を出すまでやり続ける。

 

ただ回復を待つだけになっていませんか?

 

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで

h@reframe-vision.com

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細