">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

成長するための仕事のルールその46

 

「より責任の重い立場だったらどうするか?」

 

社会的な経営危機、たとえばコロナショックが

起きた時、自分が経営者だったらどんな判断を

するのか想像してみてください。

 

予防策としてどんな対策を取るのか?

感染者が出た場合どうするのか?

複数の感染者が出た場合どうするのか?

 

経営者ですから、社員の安全はもとより、

・顧客に対する責任

・社会的な影響力

・金銭面での対応(運転資金が足りなくなれば、

自分のハンコでお金を借りなければなりません)

 

その全責任を負う立場だったとしたら、

どんな判断をしますか?

 

おのずと集める情報の質も変わってきます。

他社がどうしているのかも気になります。

状況に主体的に関わるトレーニングです。

 

より責任の重い立場ならどうしますか?

 

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細