">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

成長するための仕事のルールその60

 

「常に新たな視点を手に入れる」

 

自分より上の職位、課長であれば部長の、

部長であれば社長の視点で考えられるか

どうかが、成長度を決めます。

 

自分が経験してきた立場の視点があるのは

当たり前です。まだ経験していないことや、

これから経験する立場の視点を持てないと

仕事の幅は広がりません。

 

そしてその視点を自由に動かせることが、

発想の豊かさにつながります。

 

職位の上下だけでなく、職種にも言えます。

 

広報マンの視点で商品開発をやる。

研究者の視点で業務改善をやる。

事業部長の視点で実務をやる。

 

それらを複合的に併せ持つことで、仕事を

面白くもできるし、深めることもできます。

単一の視点、自分視点しか持てない人は、

生き残っていくことが難しい時代です。

 

今日はどんな視点を手に入れますか?

 

 

***

ご意見・ご感想はこちらまで。

h@reframe-vision.com

新着記事管理職経営者

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細