">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

【風の時代の仕事のヒント】


21.部下のためを思って罰を与えるのは、愛ではない


 

「部下のためを思って」という言い訳をつけて部下に罰を与えるのは、

上司が思い通りにならない部下に対して感情をぶつけているだけで、

100%上司のエゴです。

 

絶対的な信頼関係がある上で、部下の成長に必要な圧力をかけるのは効果的ですが、

罰を与えていい結果になることはありません。

そもそも罰で人を動かそうとすること自体、時代遅れです。

 


株式会社リフレームでは、職場の「心理的安全性」を高める取り組みを支援しています。

お問い合わせは、i@reframe-vision.comまで

新着記事管理職経営者風の時代の仕事のヒント

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細