">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

【風の時代の仕事のヒント】


1.目に見えないものを経営に取り入れる


 

売上や利益など、目に見えるものだけを追いかける経営はわかりやすくて納得性があります。

一方、お客様や社員同士の関係性・オープンさ、企業としての空気感などは、数値になりにくく、指標化が難しいことです。

数値化せずとも、大切なものを本気で大切に出来る企業であることが求心力となり、お客様も仲間も集まるもの。今や経営課題のトップは「採用」です。

目に見えないもの、指標化できないものをしっかり育んで、望む結果に結びつける。そんな経営姿勢を尊重しています。

 


 

2021/06/21 写真は夏至の太陽(南中時刻ピッタリに撮影)

今日は二十四節気のひとつ「夏至」

皇祖皇大神宮への参拝からスタートしました。

相変わらず忙しく過ごしていますが、季節の節目は分岐点。

新しいものを取り入れ、古いもの(気持ちも含め)を捨てる1日にしました。

 


 

株式会社リフレームでは、

職場の「心理的安全性」を高める取り組みを支援しています。

お問い合わせは、i@reframe-vision.comまで

新着記事風の時代の仕事のヒント

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細