">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

【風の時代の仕事のヒント】


22.現状ではなく未来を見る


 

というと、「現状は見なくていいのか」という人がいますが、

現状をいくら見ても現実が変わることはありません。

 

「この先どうしたいのか?」を考えた上で、現状をそれに合わせて変えていくために現状を見ることはあっても、現状のことだけを考えたり、こなしたりしていても、何も変わりません。

 

現状のことだけを考えて一生を終わるか、この先どうしたいのかを考えて現状を変えるか。

どんなに忙しくても、未来を夢見ることを忘れないでください。

 


株式会社リフレームでは、職場の「心理的安全性」を高める取り組みを支援しています。

お問い合わせは、i@reframe-vision.comまで

新着記事管理職経営者風の時代の仕事のヒント

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細